読み・こうだいじこうえん
場所・姫路市四郷町東阿保 
撮影・2009・04
 

姫路で夜桜の名所なんてもんはありません。
近場で辛うじて、夜桜最高と言えるのは日岡山ぐらいです。

え?提灯照明が美しい?
提灯ぐらい姫路城でもやってんじゃないですか。

あんなもんはザクマシンガン程度のモンで、いくらぶら下がってても
ガンダリウム合金には傷一つついたりしないんですよ。

時代はビームライフルです。


実は日岡山、桜並木に沿って野球場があって、
そこでナイター練習なんかやってると桜並木が煌々と照らし出されるんです。 

提灯なんざサーチライトに比べりゃ屁ですよ。 

夜桜の映え方が違います。 
かといって、たかだか2週間足らずの為に投光器をおっ建てる太っ腹がいないのも確か。

だがしかし!
サーチライト級の光源と桜の共演。
ありそうでなさそうなシュチュエーションが実は姫路にもあるんです。
DSC_9472
目印はこのローソン。

此処を見逃すよーなヤツは多分、この場所を一生探し当てれないでしょう。

そしてローソンの横道を突き当たった先が今回の目的地。

普通に生活してたらまず突っ込むことのない、山裾一直線の道の先です。
DSC_9480
まずは普段の光大寺公園

いやぁ、めちゃ和やかですね。 
荒んだ心もちょっとは癒されるってもんです。

若者がハメを外すより、定年後のカップルがノンビリ過ごす
終末な雰囲気がしっくりきますね。
DSC_9485
正直な話。

子供達がこんなに無邪気に遊べるのもポイント高いです。


交通量の多い道路から遥か奥にあるので、
落着きのないモンスターチルドレンでも安心。

それにしても人気がに割りに、意外と手入れが行き届いてるのが不気味だ。
DSC_9528
八幡宮の境内は桜と合間って、さらに厳かな雰囲気です。

場所が場所だけに18禁な落書きだらけになりそうですが
案外、住宅地の真っ只中なので、アホがヤンチャしてると
ポリスメンが大量に召喚されるのかも知れません。

皆々様、お気をつけを。
DSC_9492
さらに少し此処を登れば光大寺配水池が。 

立ち入り禁止ですが、山の中腹の見晴らしが最高の立地にあります。
いや、もちろん立ち入り禁止なので見たことはないんですけどね。

姫路が一望できる素晴らしい景色です。きっと。
しかもそこから簡単に仁寿山へと登れるハイキングコースもあったりします。

え?左の画像はこの公園で一番桜がキレイなある意味残念スポット、トイレですよ。
配水地の写真?
あるわけないじゃないですか。行った事がないんですから(しつこい)
DSC_9478
どうです?意外といいとこなんじゃね?とか思っちゃったりしません?

でも、滅多に人は来ません

住宅地の真ん中だから?主要幹線道路から外れてるから?
DSC_3567
いや、単純に入り口の真ん前にラブホがあるからです。 

一般ピープルは入りにくいことこの上ないですよ。

だがしかし、だからこそ、此処の真骨頂は夜にあります。
見ちゃってください。夜ともなれば・・・・
DSC_3569
こんなカンジで見事にライトアップ。

提灯ごときにこのビカビカ感は出ませんぜ。
実のところ、穴居人は一つ思いつきの企画で此処に目をつけてました。

実はこのラブホ、宣伝のためかサーチライトを山裾に向けているんです。

「月明かりで本が読めんなら、
ラブホの明かりで山登れんじゃね?」


無謀にも程があるので、実行されませんでしたが。
おかげで、こんな桜が拝めたわけで。
世の中どう転ぶかわからねぇもんです。
DSC_3578
残念なのは公園側のライトは黄色ってとこですかね。

とにかく此処にくれば、普段はお目にかかれない、鮮やかな桜がお出迎えしてくれます。

厳かな気持ちでラブホのきらめきを愉しみましょう。

だってほら、ポリスメンが大量に召喚されちゃいますからね。きっと。