読み・すいたにいしぼりえん
場所・
加西市北条町吸谷
撮影・2012・11

昔、吼えろペンという漫画で、
主人公がアイドルに漫画を描かせる回がありました。

もちろん、漫画の技能どころか、
まともなアイデアもモチベーションもないアイドルに主人公は困り果てる訳ですが、

つい切羽詰まって、こんな事を言い始めます。

『君の好きな漫画は何だ」
「今、○夜叉ですけど」
「だったらそれをそのまま描けい!」
「それじゃ盗作に・・・」
「君が描いても元ネタの判別などつかん!おそらく全く違う作品になる!
実は有名作品のパクリだけど、
下手だから別の作品にしか見えない
・・というジャンルだ!

このジャンルは意外とそのまま大ヒットになるかも知れない・・・」

いやはや、至言です。心に響きますね。
そうです。最早、元ネタと似ても似つかなくても関係ないんです。

プロでもよくハチャメチャになったりするでしょう(例:ガッチャマン)

本人がやり直しても酷いことになるでしょう(例:犬神家の一族)

原作者ですら駄目出しを食らって、クレジットすらされない
(例:スターウォーズ・フォースの覚醒)


こともあるでしょう。
だから素人がやったとなればどんな事だって
許容範囲です。

ましてや、素人作品の素人リメイクとなれば・・・ねえ、
というわけで、今回はそんな生暖かい目でご覧下さい
心を広く広く大海原のようにしながらですよ・・・
くれぐれも(しつこい)


 IMG_5706
さて、此方がかの有名な加西の星、羅漢寺にある五百羅漢

素朴な雰囲気が素敵な此方の石仏群は、
そもそもこれも複数の一般ピープルがそれなりの期間をかけて作ったもんです。


江戸初期に作られたそーですが、
気になるのは何故作られたのか?

一応、慰霊碑じゃないとか言われてますが本当のところは謎。
何せデザインに統一性がないばかりか、キリスト地蔵まであるごった煮ぶりですからね。

さて、此方がオリジナルです。是非、覚えておいてください。
 
IMG_5459
今回、ご紹介するのは、その五百羅漢のリメイクになります。

しかも
500どころじゃない。

一体、何を慰霊してるんでしょう(意味深)
いやいや、まだ山崎くんも動いてないので、そんな大災難は加西にはないはずなんですが。

とはいえ加西市北条町吸谷。
かつて井戸に女が吸い込まれて死に、そのことから修布(すふ)=吸う
と名付けられたとかいう貞子もビックリの由来を持つ曰くつきの地なので、
何かあるかも知れません(自主規制)。


しかし、7~8世紀に大きな寺院があった歴史ある土地なのに、名付けがすごすぎる。

って町の中心地のお寺が崩れてる・・・違う意味でちょっとゾクゾクしてきました。
IMG_5461
そしてその真裏には目的の五百羅漢。

道から見たら
墓地にしか見えませんが、正真正銘、此方が吸谷の五百羅漢。

いや、しかし車で来てたら、見逃すこと必至。
まあ、この先行き止まりなんで、車で通りかかる時点で、迷ってるんですが。
IMG_5466
 
しかし、ホントにここなのか?
とちょっと疑問に思ってきたんで、正面にやって来ました。
石彫苑の石柱が小気味良いんですが・・・

正面から見ても、墓地でした・・・

直線で並んでるのが、そもそもそれっぽい原因です。

後、何故かみんな向こう向いてるから、余計に。
何か見せられないもんでもあるのか?(ゲスの勘繰り)
IMG_5470
 
と、回りこんでみましたが・・・

まあ、至って普通(拍子抜け)。

言っちゃ悪いですが比較的近代に出来たはずなのに、ホンモノの五百羅漢より造りが荒い気が・・・

いや、形で、個性出してるんですよ、きっと。
大きさがどれ一つマトモに揃ってないのも、きっと個性なんですよ。
リメイクがホンモノと一緒じゃ面白くないですからね。

IMG_5476
 
いや、じっくり見てると、
ところどころにおかしなヤツがいる・・・

何だ・・・その頭・・


願かけ地頭らしいですが、何をお願いしたら、その頭になるんですかね?
真剣に聞いてみたいもんです(本気で)。

おでん?
IMG_5481
 
少し横を見るとナタを嬉しそうに振り上げるサイババが。

え?羽子板?

いや、羽子板片手に頬杖はせんでしょう。これは品定めしてる目です。

「どっからぶった切ろう」とか、ワクワクしてる目です(確信)

IMG_5487
 
此方には、ちょっと左手の生え方がおかしなちびまる子ちゃん

どっちかっていうと、野口さん似ですが。それにしてもスゴイ角度の左手や。

って、よく見るとなんとなく身体つきもすげえ怖い・・
肩の位置がずれてて腕がもう一本あるみたいに見えます。
見続けてるとゲシュタルト崩壊起こしそうな。

IMG_5486
 
その前には最早、人型かどうか、定かじゃないヤツも。

信楽焼のたぬきやら、和服の親子連れ、お腹痛い感じのワカメちゃんとか、
この一列を見てるだけでも、とんでもないところに迷い込んだ自覚がでてきました。

妖怪の群れだ・・・

段々分かってきましたよ。
これは、リメイクなんかじゃなかったんです。
遊星からの物体X(古い)とかです。
人間やと思ったら、首がちぎれて跳ねまわるようなヤツです。
決して、慰霊の為とかじゃない(勝手に断言)。
IMG_5492
荒んだ心はウサギさんで一休み。
一応、人括り(一部、神様)のある本家五百羅漢と違って、性別どころか、種族までどフリー
何故か、お気に入りなのか、それはもうワンサカいます。
もしかして、子供が作ってる?

IMG_5512
だってまねき猫の持ってるお金も一両、十両、百両、千両という素敵なインフレっぷり。

大人の荒んだ心じゃ、4万円と4000万円だったら、
あまりの格差に顔も引きつるってもんですが、ほら、みんな屈託のない笑顔ですからね。
それなら時々、パースがおかしいのも説明がつくってもんです!

IMG_5482
他にも動物さんがいないか探して・・・

え?ええ?

妙に肉感のあるケツ丸出しで、カリアゲが二人、まぐわってる。

いや、確かに人間も動物ですよ(困惑)。
ジュウオウジャーでも冒頭で言っていましたけど、動物なのには変わりありませんケド、
これはちょっと・・・

微笑ましいネコたちの横に、こんな野生を紛れ込ませていいのか?
IMG_5517
と、思って目を凝らすとワンサカいるじゃねえか・・・

どいつもこいつもサカってやがる・・・

ネコちゃん達につられて、「子供を連れてきても楽しめるかも」とか素で書きそうでした。

危ない、危ない。危うく罠にハマるとこでした。
ここの石像造りに子供なんか関わってません(確信)ってか子供は来ちゃいけません。

どうやらやけに純真でストレートな欲望むき出しのオッサン(またはおじいちゃん)の脳内展示場だったようです。

それにしても、スゴイとこに来たなぁ・・・
IMG_5516
というわけで、唐突ですが、こっからは18禁指定となります(困惑)。

大人の方で、おっさんのオブラートに包むどころか路地裏でコートの中身を開放するに等しい、
破廉恥で下品で直球勝負な世界を堪能できる方のみ、御覧ください。

女性はオススメしません(なんとなく)。

それでは未成年の皆様、不二子ちゃんばりにグラマーな美女(?)でお別れです。

奥で何してるかは気にするな(頼むから)。
IMG_5518
いや、そりゃ猿の怪物も目を背けるっちゅうねん。

あまりに酷い・・・(めちゃ困惑)

場末の風俗でもこんな気分にゃならないに違いない。(行った事ないけど)

しかし、これで道の方を向いてない理由がなんとなくわかりましたね、ハイ。

こんなの道々で堂々と公表してたら、ここの存続に関わりますもんね。
IMG_5519
もう不順な目でしか見れない・・・

寝釈迦に違いないと思いたいんですが、何、握ってんだよ・・・

いや、何って言うのは疑問形でナニって決めつけてる訳じゃないですよ(混乱)

どっちにしても、何故赤く塗った?何なんだ、これ・・・
IMG_5531
いや、この何の変哲もない仏像でさえ何をしてるのか勘ぐってしまいます。

きっと首をベアハッグで
サバ折りしてるんですよね。


わかってます、大丈夫です。
ナニを真顔で握りしめてる訳ないんです。知ってます。
IMG_5533
ここらでちょっと箸休め。
500をくだらない地蔵がいる訳なので、もちろん、心穏やかに見れる石像もまだまだあります。

ちなみにここ、神様なのか人なのか分からない石像ばかりなので、自己紹介してくれると助かります。
でもつきづかり地蔵どの検索にも引っかからないんですが・・・・
IMG_5534
お酒も好きなようで、大関や黄桜など、きっと若者じゃないと云うことを
如実に想像できるラインナップを後生大事に抱えております。

きっと作ってる最中、ネタに詰まって片手にしてた酒瓶を彫ったんだろうなと想像すると微笑ましいですね。
IMG_5550
まあ、その酒のせいで、こんなにはっちゃけたんかも知れませんが。

今時、泥酔したおっさんでもしないドラマの中だけの伝統芸が、こうして後世に伝えられますよ。

平成が終わる頃には、この奇行が何を表してるか、わかんなくなりそうですね(カルチャーギャップ)。
IMG_5555
こっちも、昭和懐かしシリーズ、キン肉バスターですね。

いやいや、昭和後半生まれの穴居人でもネタがキツイな・・・

え?額に肉がない?

って事はこれ・・・パースがおかしいだけで・・・
また18禁ですか??
IMG_5559
さあ、また帰ってきました。

こっちのキン肉バスターはモロですね。

技の途中にモミモミする余裕まで見せてくれてます。

いやー、清々しいぐらい下品。

もうここまで来たら○首を彫らないのは何かのこだわりなのかと思っちゃいますね。
IMG_5580
いやー、もうツッコむ気が失せるくらい、ディープな世界が展開されてますなぁ。

一個の制作にはそれなりに時間がかかるはずですから、どんな表情でこんなにノミを打ってんでしょう。

そりゃニヤニヤしてるのもイヤですが、真顔でやられても引きます。
確実にドン引きしますね。
IMG_5582
さあ、もういよいよ何をしてるか分からなくなってきました。

足フェチ?

お?珍しく○首が彫られてます。やっぱこだわりでも何でもなく、
彫りにくいから彫らないなんでしょうね。造りやすさ優先で。
IMG_5561
そうでもなけりゃ、こんなにオカッパだらけにならんでしょ。

服を着ててもフル・フロンタルでもこの髪型ですからね。

髪の造形は一刀彫だと確かにネックですから。
野郎のように潔く坊主に出来ないとなると、掘りやすい女子の髪型は、
コイツ一択になるのも仕方ないかも知ません。
IMG_5562
なので、せめて性別は統一してほしいもんです。

オカッパ女子に囲まれながら、股間に手を当ててニヤける(全裸)
オカッパ男子なんて、シチュエーションがマニアック過ぎて、もうお腹一杯です。

誰か助けて・・・
IMG_5590
ここにいると、自分の心が純粋に汚れていくのが分かります。

だって、こんな仲睦まじい家族の石像を見て、
「子供を股間に押し付けてんじゃねえよ・・」
としか思えないんですもん。
百歩譲っても、「娘の尻撫でてんじゃねえよ・・」とか。

いや、エロで荒むとかあるんですね。
DSC_7044
オリジナルとかけ離れすぎて、
オリジナリティが溢れるって、最早、元ネタすら危うい別物でしたね。

しかし、怖いのはそこかも知れないという教訓でした。。
元ネタがあるから、見に行ってしまう訳です。
キレイな海に惹かれて、東南アジアの危険地帯にホイホイ行っちゃう
日本人のような危うさが此処にはあります。

まあ、穴居人は「エロ石像がたんまり並んでる!」
とか言われてもホイホイ行っちゃうんですけどね。

↑こんなんを普通想像しますやん。
え?これはリメイクじゃなくて、ホンモノ?
いえいえ、此方はフラワーパークにあるレプリカなんです。

面白みがない?

そうでしょう。だからあるんです。
吼えろペンの主人公の言ったとおり吸谷石彫苑にはリメイキングの本領が。

「このジャンルは意外と
そのまま大ヒットになるかも知れない・・・」

まだまだリメイクも捨てたもんじゃありませんぜ。

記事の感想や、記事に関する情報等があれば是非
BBSへ。